「超 遅刻」

*English translation below

先日ある友人からこんな愚痴を聞きました。

「遅刻があまりにも多い」

というものです。
それどころか
・体調不良の遅刻(特に週明け)
・病欠の多さ(特に週明け)
でも困っているという・・・・ゲーム業界にはあまりにも多いあるあるです。

この話を聞いてグサッと来たあなた! 要注意です!

え? 私ですか?
ふふふふっ 普段てけとーな超ごろーですが、何故か遅刻という点に関してだけは余裕のクリアなのです。
毎日始業時間前 30分~1時間前には出社しているし、たまに出社前にカフェに寄ってコーヒー飲みながら本を読む時間を作ったり
してるくらいです。
おじーちゃんだから起きるのが早いんだ!とか言うわけじゃないですよ。。。たぶん

まぁ それはいいとして。
多分に漏れずあまたでも同様な状況にあるわけです。
超ごろーはゲーム業界に来る以前は自動車業界で仕事をしていたのでゲーム業界以外の世界も経験しています。
そこでの遅刻はそもそもゲーム業界とは比べ物にならないくらいシビアなものでした。
というか誰に聞いても世間一般的にはそれが普通です。

が! なぜかゲーム業界はそのあたりがゆるゆるすぎて、まじめに出社する方がバカを見るみたいな感じも一時期はありました。
今はさすがにそこまではありませんが、それでもやはり週明けの体調不良の遅刻・欠勤が多いのも事実。
友人が言うには体調不良に関してはどこまで本当かは分からないけど、分からないだけに何も言えない。
ですが、もう一つどうしても納得できない遅刻があるとの事。
それは
「電車遅延による遅刻」
との事。

台風であったり、大雪であったり交通機関が麻痺する事は当然ありえる事。
でも『そーじゃない遅刻があるでしょう!』 と

そこで超ごろーはピンときました。
経理関連の本を読んでいた時に出てきた「特別損失」がふと頭に浮かんだのです。

特別損失:
普段発生しない一時的な損失の事で、わかりやすく言うと災害なので一時的に工場が稼働できなかったよー みたいな場合に特別損失
扱いにしたりします。
他にもいろんなものを含んでいるのですが、それは各自調べてみてください。

地震等で大きな損失を出しました。
だから今回はこれだけマイナスですよー でもこれは地震のせいですよー! 自分のせいじゃないんですよー!

という物です。日本ではこれが通用しますが海外では通用しないという話を聞いた事があります。
なぜならば!
地震大国である日本では、地震が起こる事は十分想定される事であり、その為の対策は事前にとれた筈である。
だから自らの対策不足であるので特別損失と認めません。
という事になるらしいです。

さて、件の「そーじゃない遅刻」発言。
友人が言うには自らの対策不足による遅刻を意味していました。
頻繁に止まると予想できる交通機関であれば、それを考慮した行動を事前に取るべきであるという事です。
”毎度”の電車遅延でいつも10分の遅れ・・・それは予想外の事態ではありませんよね。
遅延証明書があるからと遅刻の大義名分が出来たと思っている方は気をつけた方がいいかもしれません。

見てる人は見ています。。。。怖い。。(激汗)

(超ごろー)

How to Be Late-by Cho-goro

A friend of mine complained to me the other day:

“Man, so many people come in late.”

Not only that, but lateness due to health problems (especially on Mondays), and lateness due to illness (especially on Mondays) is particularly troublesome…you could say it’s a common complaint in the video game industry.

You might be thinking “oh gosh, is this about me?!”.  It’s just a word of warning.

Hmm? What about me, you say?
Hehehe, well as you know Cho-goro is a very go-with-the-flow sort of guy, but when it comes to lateness, I do not mess around. Every day I arrive 30 minutes to an hour before work starts, and sometimes even have time to hit up a café and read a book while enjoying my morning coffee. It’s definitely not just because old men get up earlier…no way.

Anyhow, that aside.
Getting back to the original point, AMATA is no exception to the complaint about lateness.
Before entering the video game industry, I used to work for an automobile company, and so I have some experience with what it’s like outside of AMATA. The way lateness was treated there was on an entirely different level, more strict than any game company I’ve ever seen.

But really, ask anyone of the streets and they’ll probably tell you the same.
However! There was a time even for me where it seemed like only an idiot would come to work on time, if only because the video game industry is so lax about this.  Nowadays this is not nearly as common, but it is true that lateness and absences are common at the start of the week. I don’t know how much truth there is to my friend’s complaint, but as it is, I can’t say anything about something I can’t verify.
But, there is just one kind of lateness I cannot abide.

“Lateness due to train delays”.

Of course, when there’s a typhoon on or a huge blizzard, public transit getting stopped is always a possibility. But I’m not talking about that. There’s times where “it’s not that bad!”

And this is where I, Cho-goro, realised something.
I recalled a term I had recently seen in an accounting book
: “extraordinary loss”.

“Extraordinary loss” refers to what is essentially a kind of accident; where one experiences a temporary loss that should not have ordinarily occurred. For example, a factory might be unable to get started on its work properly. There are other situations that fall into this category, so do read up on it yourself if you’re curious.  

Natural disasters like earthquakes cause a huge amount of loss.
Faced with that loss, you say things such as:

“We’re in the red this much!”,
It’s not our fault!”,
“No, it’s the earthquake’s fault!”

And such.

I’ve heard that this sort of argument passes for sound logic in Japan, but not so much in other countries. As for why, well, it’s simple: Japan is a country well known for having many earthquakes. It should have been entirely possible to take precautions prior to doing business in such an area. Therefore, the loss caused by the earthquake is your responsibility, and is the fault of your inadequate planning. That’s what I hear, anyway.

To get back to the “not that bad” lateness I mentioned before, what my friend is saying is referring to this kind of mistake—one caused by inadequate planning.
If public transit really gets stopped that often, one should conduct themselves with that in mind. A “typical” train delay is within about 10 minutes…That’s hardly what I’d call outside of expectations.
Those of you thinking this gives you an excuse to be late to work might want to rethink that in the future.

After all, they’re watching us…*sweats profusely*

(Cho-goro)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA