お礼参り!?

*English translation below

世は19新卒採用(あまたはいわゆる「新卒採用」はやめて、「Challenger採用」をやってます)の会社説明会真っ盛りですが、あまたのは一味違います。

採用というか研修に近いのですが、OBが自分の出身校に出向いて会社説明(プレゼンテーション)する制度を実施しています。

2週間前の怒涛の学校訪問ウィーク(この記事)でも、京都精華大学ではOBが無事大役を果たしました。ちなみに写真の彼がブログのpさん(この記事)だったりします。

さて、今週は神戸電子専門学校で、2年前に卒業したS君がプレゼンテーションをしました。

海外出身者にもかかわらず、膨大なスライドを流暢な日本語で読み上げ、ところどころ自分なりのコメントを加えたりして、見事大任を果たすことができました。

あまたでは、社員が自ら所属する組織(会社)をきちんと語れるようになることを、とても重視しています。「全社員採用、全社員教育」のひとつのかたちです。

(岡センセー)

Returning the Favour

Although it is at the height of the company briefing session for the 2019 new graduate recruitment (we call it Challenger Recruitment here at AMATA) our’s was kind of different from the rest.

Rather than “hiring,” it’s closer to “training.” We implemented a system where we bring an alumnus from our company to present for our recruitment briefings at their previous school.

Even during the ‘intense week of school visits’ 2 weeks ago (this article),  we brought in a graduate of Kyoto Seika University, who has successfully carried out this important role.  By the way, the man in the picture (our graduate) is Mr. p from (this article).

After that, this week we visited Kobe Institute of Computing.  Mr. S from our company graduated two years ago from this school. This time, it was his turn to present.

Despite being from overseas, he presented the Powerpoint slides in fluent Japanese, added his own comments here and there, and thus admirably accomplished the task.

At AMATA, it is extremely important to be able to accurately talk about the organization or company that employees are affiliated with. It is a form of practice of our motto: “all employees hired, all employees trained.”

(Oka -Sensei)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA