【GDC特集④】GDCの冒険!~ポケモン?全部ゲットだぜ!~

*English translation below

初めまして、「アレ」です。
アメリカ出身の開発ディレクター兼テクニカルアーティスト・アニメーターで、今は日本でゲームを作っています。

私、ソーシャルメディアが苦手なんです(生まれてくるのが20年遅かったんだと思います)。

ソーシャルメディアが苦手な私ですが、ネットワーキングそのものはわりと得意です。
GDCはネットワーキングするならベストな場所ですね。
特に、日本人の開発者同士が交流するのにはもってこいのところだと思います。
CEDECではなく、TGSでもなく、アメリカで開催されるGDCが一番です。

日本の開発者のGDCへの参加は年々増えている気がします。

イベントに参加するために地球の向こうまで飛んで行くと、自分の国(=日本。8年も住んでるからそう言ってもいいよね?)の人に会うと不思議な仲間意識がでてきます(ちなみに英語で仲間意識は「comradery」と書きます。びっくりするほどかわったスペルですよね!)。
それに、GDCに参加するにはある程度の心構えが必要なので、それだけ日本の開発者はゲーム業界に対して真剣に向き合ってるんだと思います。

私がGDCで名刺交換した200人のうち、60人が日本の開発者でした。毎年CEDECに行き、懇親パーティーにも参加し(スピーカーを2回つとめたこともあります)、TGSのビジネスデーにも毎年行ってますが、その全部をあわせてもGDCで交換した名刺数の半分にもならないわけです。

ただ単にGDCに行けばコンタクトが増えるのかというと、そうゆうわけではありません。自分から攻める必要があります。日本の開発者向けのパーティー(IGDAやDICOパーティー)もありますが、パーティーに参加するだけでは意味がありません。ネットワーキングをするという目的を意識しながら参加することがベストだと思います。

つまり、パーティーに行くのは仕事をするため。食べ物やバーに夢中になってちゃダメなんです(無視するのも良くないですが…)。ずーっと食べたり飲んだりするだけで、周りの人と話もしない、なんて人をたくさん見てきました。

また話をすることはとても大事ですが、たった一人とだけ話をして友達づくりで終わるのは避けたほうがいいですね(例外はあると思いますが)。
ネットワーキングというのはある種の賭けだと思います。最初に会った人とだけ話していたら、もっとすごい人たちとの出会いのチャンスを逃してしまいます。その「すごい人たち」の中には、ずっと探し求めていた人がいるかもしれないんです。

ただし、パーティーならなんでもいいというわけではありません。騒がしいバーなどで開催されると、相手の話を聞き取ることすらできません。私はそういったパーティーにはなるべく行かず、もっと落ち着いたイベントに参加するようにしています。中でもGithub社のパーティーは大好きです。とってもリラックスできるイベントなんですよ。

といっても、パーティーだけがネットワーキングの手段というわけではありません。
GDCのセッションの合間もネットワーキングのための時間。セッションの前に人に話しかけるのはちょっと(いや、だいぶ)勇気のいることですが、隣にいる人に「どこから来たんですか?」ってシンプルに聞くだけでいいんです。それがネットワーキングのはじまりです。実際に、たまたま隣に日本人開発者がいたことがあり、結果的にそれが私にとって大きなコネクションになったこともあるんです。

GDCでのつながりにはさまざまな可能性があります。私もGDCで世界中のいろんな人たちと出会いましたが、その中には業界内の親友になった人物もいます。CEDECでのスピーチパートナーとは、実はGDCで出会っていたんです!

最後に、とにかくたくさんの人たちに話しかけてください。
名刺をポケモンカードだと思って。
さあ、全部ゲットだぜ!

(アレ)

Adventures at GDC: How I learned to stop worrying and network already

Hi, my name is Are (pronounced Ah-ray) and I suck at social media. I was clearly born 20 years later than I was meant to be.
I’m an American animator/tech artist turned game director living in Japan.

Despite sucking at social media, I’m not horrible at networking.
And GDC is the best place to be if you want to network, ESPECIALLY if you are a Japanese dev wanting to network with other Japanese devs.
Yes.  You read that correctly.  GDC is the best place to network with Japanese devs.  Not CEDEC. Not TGS. GDC. In America.

A TON of Japanese devs make the trek to GDC every year.  I swear the number just keeps growing.

There is a certain sense of comradery (is that really how you spell that??) to be had when you’ve flown to literally the other side of the world to go to an event, and you run into somebody from your home country(can I say that?  I’ve been here 8 years, I think I can say that…). It also takes a certain amount of dedication to the craft to come all the way out to GDC, so the devs from Japan that ARE there are very serious about the industry.

Out of the 200 plus contacts I made at GDC this year, about 60 of them were Japanese game developers.  I go to CEDEC every year (I’ve been a speaker twice), I go to the CEDEC after parties, and I go to the business days of TGS every year, and at those events COMBINED I still make less than half the contacts I make at GDC.

But just being physically present at GDC isn’t enough.  You need to really put yourself out there. Luckily, there are a few parties that are made with Japanese devs in mind (shout out to the IGDA party and DICO party)!  But just going to the parties isn’t enough, you need to go with the mindset that you are there to network.

That means that when you go to a party, you are there to work.  Don’t let yourself get caught up in the free food or open bar (although don’t ignore them either!).  I can’t tell you the number of times I’ve seen people go to the parties and spend the whole time eating rather than talking!

Try to talk to people, but try not to spend an hour becoming best friends with just one person(obviously there are exceptions to this).  Networking is kind of a numbers game. If you spend all of your time on the first person you meet, you’ll never get the chance to meet all of the other really cool people in the room.  And one of those cool people may be the contact you are searching for.

But, not all parties are good for networking.  A lot of parties are held in loud clubs, where you can barely hear the person you’re talking to.  I try to keep those parties to a minimum, and attend more low-key events. I really love the Github party because it’s really laid back.

Networking isn’t just for parties though.  Going with to GDC with networking as a goal also means that the time between sessions is also networking time.  Talk to the people around you before a session. It takes a little bit (okay, a lot) of courage, but simply asking the person next to you “So, where are you from?” is enough to get the ball rolling.  I’ve accidentally sat next to other Japanese developers several times now, and they have been some of my best contacts.

The contacts you make at GDC can lead to wonderful things.  Some of my closest industry friends from all over the world are people that I met through GDC.  I met my CEDEC speaking partner there!

In the end, just try to talk to as many people as possible.  Think of business cards like Pokemon cards. Gotta catch ‘em all!

Are(pronounced Ah-ray)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA