ASOについて思うこと

*English translation below

開発ディレクターの松山です。
超ごろーさんが書いてる通り、急にブログのライターに任命された社員の一人です。
で、何を書こうか迷ったのですが、超ごろーさんと違ってギャグ枠でもないので、真面目なテーマで書いてみたいと思います。

少し前の話ですが、Repro株式会社主催の「【アプリDL率向上】新規ユーザー獲得のためのASO(アプリストア最適化)対策セミナー」に行きました。

ASO(App Store Optimization)とはアプリストア最適化を表します。
App StoreやGoogle Playをのぞくと、世の中にはたくさんのスマホアプリがあるなあと思われると思います。

そんな環境の中、あまたは自社リリースであったり受託運営開発であったり、アプリをたくさんリリースさせていただいておりまして、できるだけ多くの方にアプリを見ていただくのが関係各位のハッピーにつながるため、こういうことも勉強しております。

ASOって、何をやるのか?
具体的には、App Store やGoogle Playにアプリを申請するとき、関連キーワードの欄により適したキーワードを選んだり、実際にDLしていただけるようなわかりやすいアイコンや説明画像を用意したりですね。
前者はWebでいうSEOと似たものですが、独特なのは後者です。(CROに近い要素ではあります)

Appleも、過去には「検索からのDLが一番多く65%である」という旨のページを公開していました。ダウンロード前のストアページでもアプリ内容がしっかり伝わるようにする必要があります。

ファーストビューで内容が伝わるのが大事、ということでこれは弊社製のゲームアプリ「歯みがき彼女」のストアスクリーンショットです。
上がiOS、下がGooglePlayの画面になります。
「歯みがき彼女」公式サイト:
http://www.tokyootakugames.com/cavity.html

 

目に入ってくる要素はiOSはアイコンとレビュー、GooglePlayはヘッダー画像や説明が重要そう…ですよね。

もちろんストア検索結果をゆがめる邪悪な手法もあるので、AppleやGoogleの検索ロジックは日々変わり、またリジェクト条件を日々アップデートなさっているのだとおもいます。
例えば、今では廃れたテクニックですが、検索順位をあげるためだけにアプリ説明文の末尾に関係ないワードを大量に入れたり……過去有名だったランキング操作的な行為も、iOS11からのストアではそもそもランキングタブがなくなったため、随分効果がなくなったといわれています。

検索順位上位にくるためには、ダウンロード後の使用率も関係しているそうです。
アプリ市場、ちゃんと良いアプリじゃないとだめ、という環境になってきているのを感じます。

あまた、良い開発と良い運用のために、がんばってます。

(松山)

 

My Thoughts About ASO

I am Matsuyama, a Creative Director at AMATA K.K.
As Cho-goro wrote, I’m one of the employees that was appointed as a blog writer out of the blue.
I was at a loss as to what I should write, and unlike Cho-goro, I’m not part of the gag group
, so I thought I’d just write on a serious topic.

A little while back, I attended the “‘App DL Rate Elevation’ ASO (App Store Optimization) Strategy Seminar” organized by Repro Inc.

ASO refers to app store optimization.
Looking at the App Store, Google Play, etc…, it is plain to see 
that there are a ton of smart phone apps out there in the world.

With that being said, AMATA is also releasing a lot of apps, with our in-house releases and commissioned development,  and having our apps seen by as many people as possible makes everyone involved happy. That’s why we’re studying this kind of thing.

What does ASO do?
Specifically, when you bring an app to the App Store or Google Play, it involves things like choosing more suitable keywords for the related keyword column, and preparing easy to understand icons and descriptive images so that your app will actually be downloaded.
The former is similar to Web SEO, but the latter is unique. (It’s an element similar to CRO.)

Apple has also published a page in the past stating that “downloads from searches account for at most 65% of downloads.”
Even on the store page before downloading, it’s necessary to ensure that the contents of an app are communicated effectively.

It’s important to communicate the content with the first view, and with that in mind, here is the store screenshot of our game, “Cavity Kanojo.”
On the above is the screenshot from 
iOS, and GooglePlay is on the under.
Official Website of “Cavity Kanojo” :
http://www.tokyootakugames.com/cavity.html

 

Elements that draw the eye are the icon and reviews for iOS, and for GooglePlay the header image and description look important…right?

Of course, there are also underhanded ways of manipulating store search results, so the search logic of Apple and Google is changing daily.
I also think they are updating the conditions for rejection on a daily basis.
For example, although it is an outdated technique now developers used to do things like put  lots of irrelevant words at the end of an app description solely to raise search rankings… Ranking manipulation stunts used to be famous. Because starting in iOS11 there isn’t a ranking tab on the store anymore, 
it’s said that these kinds of things have become extremely ineffective.

It seems that to make it to the top of the search rankings, post-download usage rate is also related.
It feels like the app marketplace is becoming an environment where apps really have to be good to survive.

AMATA is giving it our all to develop good apps and operate them well.

(Matsuyama)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA