ゴーストと太鼓とEVA!in MAZARIA ~Ghosts and Drums and Evas OH MY ~

*English translation below

ヤッホー、アレです~

先週、社長の高橋を含めた社内の仲間とVRアーケードに行く機会がありました。
その名も『MAZARIA』!

あまたではこんな感じで社長も含め、スタッフ同士で業務上為になりそうな体験事や、面白そうな事に出向いていく事は珍しくないです!

最初に遊んだゲームはプレミアムゲームの『パックマンチャレンジ』でした。

パックマンを知っていれば、遊ぶのはとても簡単。
ルールは「自分がPac Man」ただそれだけです。

このゲームのグラフィック、結構好きでした。明るく、別の世界に入り込んだ感じがあり、没入感の表現がとてもよくできていました。

ゲームに全く影響はないのですが、各ステージの床に穴が空いており、無意識にそれを毎回避けようとしていました。
穴を避ける事で自然に動きが遅めになり、より安全にゲームをプレイできている事に気づきました。とても小さな工夫ですが、感動しました。

ゴーストもとてもかわいいかった。でも、近づくとゲーム終了なので残念。。。

次に、自分が一番興味があった『エヴァンゲリオンVR』をやりました。

本物のEVAコックピットがありました!すごかった!
そして2号機乗れた!マジですごかった!!!

LCLに沈むシークエンス中に涙がでました。アニメそっくりでした。
今の私はかなりエヴァンゲリオンの影響を受けているので、この体験はとても嬉しかったです。

ミサトがアニメと同じように自分に話しかけてくれるというのも、また感動でした。

次は『大量破壊VRシューティングギャラガフィーバー』を体験しました。
エレベーターに乗るところが良かったですね。
床が揺れるだけで没入感がガン!と上がります。

次に、「猫を高いところから助けるゲーム」(『極度度胸試し高所恐怖SHOW』)をしました。その名前じゃなかったけど、でもその名前がいいと思う。

ハーネスを被されて、ビームの上に歩き、偽物の猫を助けにいくというゲームでした。途中下にあるビームが揺れるので、ゲーム内だと落ちてしまいそうな錯覚を起こします。

でも、高いところから落とされる恐怖より自分の猫愛が強いため、全然怖くなかった。

さすが私、偽物の猫をなでなでする。

最後にお母さん猫のところに行ってくれると期待していたが、行ってくれなかった。2.0に追加して欲しいな。

その後に『ゾンビサバイバルゲーム ハード・コール』というゾンビゲームをやりました。私からいくつか四文字英語言葉が出たりしたかもしれません・・・。

このゾンビーゲームの面白いところは自分の言語を選べたこと。自分は英語を聞いていましたが、他の皆さんは日本語でした。

言ってみれば普通のゾンビーゲームでしたけど、皆でやったので楽しかったです!

次は『太鼓の達人 VRだドン!』をやりました。本当に面白かった!今回やったゲームの中で一番楽しかったです。

難しさを選ぶ画面がアーケードそのものになっていたのが面白かったです!!皆で「千本桜」を演奏しました。なぜなら、みんな「オタク」ですからww

Beat Saberと似ているけど私は太鼓の達人の方が好きでした。太鼓の達人の世界観がVRでとても良く再現されていました。
ゲームが始まった後でどこか別の世界に行ったような感覚を強く感じました。

アテンドのお姉さんが太鼓の達人の主人公と同じ喋り方をしていました!アテンドのやり方一つとっても没入感を本当に大事にしているなと感じました。

太鼓の達人の後に時間があまり残っていなかったので、ラフトゲームをやってから、それぞれ個人でゲームを1個選び遊んでみました。自分はスキーのゲーム(『急滑降体感機スキーロデオ』)を選びましたけどすぐに後悔しました。なぜなら進めば進むほどクラッシュしていたからです。

木に3回ぶつかって、石を5回くらい、そして山から飛んでいったのが2回くらい。


あまたのスキー部に入るのやめますww

遊び終わってからみんなでハンバーガーを食べて解散しました。

VR開発者として今回の体験は貴重な体験でした。
今まであまりVRゲームを体験する機会がなかったし、なおかつVR専用のゲームセンターはちゃんと行った事なかったのですが、
MAZARIA』での体験を通してVRを企画における「没入感」と「VRに合わせた企画をすること」の大切さを改めて実感しました。

(アレ)


Ghosts and Drums and Evas OH MY

Are(Ah-ray) here again to fulfill my end of an Equivalent Exchange.
Luckily for me, no arms are legs were lost, just gotta write a blog.

…Did I use this joke before?

Uh…

…Well, anyway!

Last week, I had the opportunity to go to a VR arcade with Matsuyama-san, Sako-san, and Takahashi-san. Yes, THAT Takahashi-san. That is how laid-back Amata is, we can just go hang out with the Big Boss, no big deal.

Side note, if you call him Boss to his face, he will fine you 1000 yen on the spot. I’m considering the above mention a freebee, since he called himself Boss at the arcade. I beat the system!



The first game we played was the premium game, Pac Man Challenge.

It was super easy to play. You are Pac Man. The end.

I really enjoyed the graphics in the game. They were very bright and inviting, and made me feel like I was in a digital world. The immersion was really well done. The thing that stood out to me the most was the holes in the ground ingame. They had no effect on my character or anything, but I found myself avoiding them. Avoiding them made me naturally walk slower, which made the game safer to play. It is such a simple little thing, but it really is brilliant.

The ghosts were super cute too. Too bad every time I got close to one, they would incapacitate me.

Next we played the game I was most interested in initially, Evangelion VR!


There was a literal EVA cockpit. OMG

And I could ride Unit 02. Double OMG.

The LCL sequence brought tears to my eyes. It was so true to the show. Evangelion is something that shaped who I am today, so I was overjoyed.

I loved that they had Misato talking to you during the experience. It felt exactly like the show.

We played the Galaga VR game next. The elevator sequence was very cool. It’s amazing how much immersion you can get just by standing on a shaky platform.

Then I tried the Save the Cat from a High Place game. Don’t think that was the actual title, but it should have been.

It was a game where they strapped you into a harness, and had you walk on a balance beam to fetch a fake cat. Midway through the experience, the beam shakes and ingame, you get the feeling you are about to fall.

Luckily for me, my love of cats outweighs my fear of falling, and I wasn’t scared at all.

Only I would sit there and pet a virtual cat. I expected it to run to it’s mom afterwards, but it didn’t. I hope they add that in a future version.

We played a generic zombie game after that, where I may or may not have let out a few choice four letter words…

The zombie game was interesting, because you could choose your language. So I heard English, while the others heard Japanese.

It was a pretty typical zombie shooter, but it was fun to play it was my coworkers.

Next we did Taiko Drum Master VR, which was AWESOME. Definitely my favorite game. We all chose to play Senbonsakura, because, you know, otaku.

It was basically Beat Saber, but I actually enjoyed it more. The background was super detailed, and I felt sucked into the Taiko Drum Master World. They did an excellent job with it.

I liked that the difficulty selection screen had you standing in front of the arcade machine. It helped sell the fact I was being transported elsewhere once the game started.

The attendants even spoke like the Taiko Drum Master characters. Very immersive indeed.

We were running out of time, so we played a whitewater rafting game and then all chose an individual game to play. I chose the skiing one, and promptly regretted it because I just crashed into every possible thing the entire time.

I think I crashed into a tree 3 times, a rock 5 times, and went straight off the edge of the mountain twice.

Remind me not to join Amata’s ski club.

Afterwards, Takahashi-san treated us to some hamburgers and we called it a night.

As a VR dev, this was a very valuable experience for me. I haven’t had the chance to experience many VR games, let alone a whole VR arcade before. It really reinforced the importance of designing for VR and keeping immersion at the forefront of your design.

Are(Ah-ray)

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。