超 野宿ライダー【リハーサル編】

*English translation below

物凄くふざけているようで本当は不真面目だったり。
まるで妄想ばかりの作り話のようで実のところ架空の話だったり。
そんなブログであなたの脳ミソをいい感じにトロッとさせたい。

こんにちは 大雑把ブロガーの超ごろーです。

前回までのあらすじ
野宿ツーリングへの野望が膨らむ一方。
アマゾンの商品案内に流されて、キャンプ用品をポチりまくっている自分に気付く超ごろー。
どーすんだよこれ・・・・。 と思う後悔の心とは裏腹にワクワク感が収まらない。
どーなる 超ごろー!

手元にキャンプ用品。これは。。。
・自宅に鍋があるのにクッカーを使って料理したり。
・ベッドがあるのにシュラフ(寝袋)で寝てみたり。
・座布団があるのに、折りたたみイスに座ってみたり。
やっちゃうわけですよ。
やっぱり買ったのって使ってみたくなるよねー♪

だがここで!!!!

現実的な事実に直面する。それは今使っているバイクが110ccという小型二輪だという点。
昔と違い、金銭的に余裕のある今の超ごろーは、ついついキャンプ用品が充実してきます。
それはつまり
・110ccのバイクにどこまで荷物が積めるのか?
・パッキングによるトラブルは起こらないのか?
・山道で110ccでどこまで走れるものなのか?
という新しい難問へと繋がっていくわけです。
こうなったら取れるべき行動は一つだけ!

『実際に走ってみる!』  

これしかありません。
で積んだ状態がこれ・・・・・

かなりヤバそうです。
これでどこまで走れるのか?問題ないのか???

バイクはタイ生産の逆輸入車。2013年式のKawasakiのKSR110。
数量限定カラーのファンキーピンクです。
2013年式は遠心クラッチ仕様で、カブ(郵便局のバイクみたいなやつ)
クラッチを切らずにガチャコンガチャコンとギアを入れるものです。
が! 超ごろーはこれが嫌いでクラッチに関しては完全マニュアル仕様に改造しています。
いえいえそれだけでは・・・・・・・・・

~~~~どーでもいいバイク話が10万行ほど続いたので
          自主カットしました。 南無。。。~~~~

さて、この状態で走ってみます。
動いてみるとかなり前方へ荷物がズレてくるのが分かりました。
ひとまず背中で後ろに押し倒すように寄りかかりながら走ってみる事に。
だんだんとコツを掴んできましたが、荷物の積載状況をテストするつもりがいつもの放浪グセ&調子ノリグセのスイッチが入り、気付けば奥多摩へ来てしまいました。
ついでに野宿ポイントを探しつつのリハーサルです。

こんなとこや・・・・あんなとこ・・・

・日陰が少ない。
・水辺がないので時期によっては暑すぎる。
・周囲に木がないのでロープを張れない。
・人の出入りが多すぎる。

等々をチェックしながらです。

そして本来のリハーサルの目的もしっかりと確認します。
この荷物で山道を走る事で、限界というものが見えてきました。
どの程度の坂道だとパワー不足で登れないのか?というのも確認できました。(無謀なほどの急坂を上ろうとしてコケそうになった)

そして何よりも。。。
身体的な疲労がハンパない!!!!!!!
奥多摩から津久井湖方面へ出ようと思ったのですが、体力の限界を感じ、途中から帰路へと切り替えます。

だいたいいつもこんな感じで中盤から後半にかけて後悔しまくるのが超ごろーです。
何故、帰りの体力を残しておかないのか不思議でなりません。
自分の事だけど・・・・ほんと不思議。

で、この帰路がまた辛い。
このリハーサルは春先だったのですが、天気がよくて炎天下の中での走行となりました。
ジリジリと体力が削られ、ブレーキの度に背後から荷物により圧迫され、左右へのバランスを取りながらの走行。
本気で荷物を捨てて帰りたい衝動に駆られます。
何度コンビニで宅配便に出そうと思ったか・・・・・

まぁ そんな状態でもなんとか帰りつくわけです。

リハーサル結果。
この荷物量は現実的ではない!!!!
が結論です。
実際にキャンプまですると、途中で食料や水等も追加で積む事になるので余裕のない積載量はNGです。
さすがに110ccでは無理がありました。

あぁ ツーリングする為にも乗るバイクを考える必要ありそうです。
っていうか目先のキャンプツーリングどうしようかなぁ・・・・
まだまだ課題がありそうです。
うーん。

次回:◇野宿ライダー【旅立ち編】  乞うご期待!

(大雑把ブロガー 超ごろー)

Cho Camping Biker: Rehearsal

It’s the sort of thing that seems very silly, but is actually just insincere.
The sort of story that sounds like one big delusion, but in truth is just crafted fiction.
That is just the sort of content I aim to slather your senses with.

Hey y’all! It’s Easy-Going Blogger Cho Goro here.

The story up to this point:
While my dreams of going motorcycle camping grows,
I’m just realizing how the Amazon cart recommendations have taken hold of my life, as I click away at all the camping equipment and adds them into the shopping cart.
What am I supposed to do with all this stuff…?! That pang of regret coexisting with the exciting feeling – I can’t suppress it.
What’s gonna happen, Cho Goro?!

I have all this camping equipment. So:
– I have pots in my kitchen, but I use the camping cooker to cook.
– I have a bed, but I use the sleeping bed to sleep.
– I have my cushions, but I sit in the foldable chair.
This is what I end up doing.
I mean, if you buy it, you wanna at least try it, right?

But here’s the thing!!!

Reality hits. The motorbike I use now is a small two-wheeler with only a 110cc engine.
Unlike before, Cho Goro has some disposable income, so the camping equipment keeps piling up.
This begs the questions:
– How much can a 110 cc motorbike carry?
– Are there going to be any problems with packing?
– How far can a 110 cc motorbike really go up the mountain roads?
These are the new questions that arise.
Which inevitably leads to the only course of action!

“Just get out on the road!”

This is the only answer.
And that is what happened…

Looks pretty bad.
How far could I really go without causing any problems?!

The motorbike was made in Thailand. It’s a 2013 Kawasaki KSR110.
It’s the funky pink limited edition.
The 2013 model has a centrifugal clutch, so unlike the cub clutch (like on a mailman’s motorbike), it gets put into gear with a loud clanging sound.
However! Cho Goro doesn’t like this, so I completely reconfigured the clutch to become completely manual.
But that’s not all…

~~~~Insert a million motorbike stories here but, I deleted them. May they rest in peace…~~~~

Anyway, I tried riding it like this:
Once I started moving, I noticed the load would shift forward.
So I decided to ride with my back pushed against the load.
I gradually got the hang of it, but my initial intention of just going for a test run got sidetracked because of my natural inclination to wander and get too excited. The next thing I knew, I was in Okutama.
My rehearsal test run turned into reconnaissance for places to sleep.

This place… that place…

– Not enough shade
– No water nearby, so depending on the season, it could get too hot
– No trees in the area, so can’t tie my ropes
– Too many people

… is what I had in mind.

I’ve gotten what I wanted from my initial rehearsal test run.
I saw that there would be a limit to how far I could go up mountain roads with a load like this.
I also had to check how steep a hill is, and judge whether or now I have enough power to climb it (I almost fell over trying to go up an impossibly steep hill).

And most importantly…
My stamina just didn’t hold up!!
I was going to go from Okutama towards Tsukui Lake, but I could feel my body wouldn’t be able to take it.  
So I decided to head back.

It always ends up like this with Cho Goro; where just past the halfway point, there’s tons of regret.
I don’t know why I don’t look ahead and make sure I have enough strength and stamina for the last stretch.
I’m always like that… I can’t figure it out.

The road going home was really tough.
This rehearsal test run happened in early Spring, but it was sunny, and I was riding under the blazing hot sun.
My strength was slowly wearing away, while the load behind my back would push forward each time I would brake, and I would try to keep my balance as I rode along.
I was seriously thinking about just getting rid of all the stuff and going home, and head into a convenience store to ask them to courier the stuff home for me…

But in the end, I got home safely.

The results of the rehearsal test run:.
This load is just not practical!!!
That’s the conclusion.
If I’m actually camping, I’d have to buy food and water and add that to the load too. So loading up to maximum capacity is a no-go. The 110cc motorbike just can’t handle it.

 *Sigh*, guess this means that if you want to go on a road trip, you have to think about your motorbike.
But what am I going to do about my upcoming motorbike camping trip…?
Hmmm…Looks like there’s more to think about.

Next time: Camping Biker: Heading out
Don’t miss it!

(Easy-going Blogger Cho Goro)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください