【UniteTokyo2018シリーズ②】「SHOTGUN」で狙い撃ち

*English translation below

初めまして、ぷろぐ丸と申します。

今回何を書くか相当悩みました。
で、自分なりに「これはプロジェクト開発において大切だ」と直感したものについて書くことにします。
それは、プロジェクトのアセット管理についてのセッションです。

■「XFLAG スタジオにおける資産の有効活用術~いかにして数万アセットを管理したか~」を通して

SHOTGUNというツールでプロジェクトアセットを一元管理すれば、時間コストが抑えられるという内容でした。
ここでのプロジェクトアセットとは、例えば背景データ、エフェクトデータ、サウンドデータなどが挙げられます。更には会議情報なんかもそうです。
要は、プロジェクトで管理するもの(物理的、データ的両方)は全てアセットと考えます。

プロジェクト開発で、これらアセットを複数のスプレッドシートで管理している場合がしばしばあります。
プロジェクトの一員であるあなたは、ある背景データを探すことになりました。
ここにもない…あそこにもない..と複数のスプレッドシートを巡り巡り。
やっと目当てのスプレッドシートが見つかるも、参照先データを確認すると古い方のデータだった!!
最新データは何所に..!!怒怒怒
なんてことがあるかもしれません(実際本当にあります)。

チリも積もればなんとやら..。上記の様な検索に時間をかけるのは、もったいないことです。
そもそもアセット類は、常に最新状態で一元管理することが理想です。
しかし、”状況”によってはそうなっていないことが現場の実情です。
“状況”というのは、更新漏れがあったり、二重管理になっていたりなど、様々でしょう。
ただ、それらを仕方ない…と諦めてはいけません。
当セッションの話では、一元管理を行うことで約150時間/月の時間削減に繋がったそうです。

一元管理するための良いツールはないだろうか…。そこでSHOTGUNというツールが使えるかもしれません。
このツールを使えば、様々なデータを柔軟性高く一元管理ができます。
そして、以前の様なアセット検索時間による浪費を削減できます。

でも、良いツールを使えば一元管理ができるか?否。
実のところ、一元管理を行うために本当に大切なのは「ルール」と「皆の意識」だと思っています。
ただ、それらを考慮しても「より柔軟なルール策定」や「皆の意識保持に繋げる」に役立つ機能がSHOTGUNには備わっていると私は感じました。

■資料
・セッションスライドは以下
https://www.slideshare.net/UnityTechnologiesJapan002/unite-2018-tokyoxflag/UnityTechnologiesJapan002/unite-2018-tokyoxflag
・AUTODEST.「SHOTGUN」
https://area.autodesk.jp/product/shotgun/

(ぷろぐ丸)

【UniteTokyo 2018 Series 2】Shooting with “SHOTGUN”

Hello, my name is Progmaru.

I was really torn about what to write this time.
In the end, I decided to write about something that made me feel, “this is important for product development.”
That is, regarding a session about project asset management.

By way of : “How to effectively utilize assets in XFLAG studio – how to manage tens of thousands of assets”

Basically, it says that if you perform unified management of project assets with the tool known as SHOTGUN, you can cut down on time cost.
When we say project asset, we’re talking about for example background data, effects data, sound data, etc.. Also, things like meeting information are also included.
In essence, you can think of all of the things (both physical and data) managed by the project as assets.

During product development, we often manage these assets with multiple spreadsheets.
Let’s say you, as a member of a project, needs to search for some background data.
It’s not here…nor is it there…and around and around you go through a plurality of spreadsheets.
Finally, you found the target spreadsheet, but when you check the reference data, you find that it’s the old type data!!
Where is the latest data?!?! Grrrrr….
This is a thing that might happen…(actually, it has).

What to do when junk piles up… It’s a waste of time to search all over the place like the guy above. First of all, it is always ideal to centrally manage asset types in their latest state.
However, in reality, depending upon the “circumstances” that may not be the case on site.
“Circumstances” might be things like an update leakage, double management, and so on.
That said, don’t think that it can’t be helped and give up.
According to the story of this session, it seems that around 150 hours/month was reduced by performing unified management.

I wonder if there is a good tool for unified management… That’s where you may be able to use the tool known as SHOTGUN.
With this tool, you can do high-flexibility unified management of various types of data.
And, you can reduce waste due to asset retrieval time like that experienced by the gentleman mentioned before.

But, can I do unified management just by using good tools? No.
In actuality, I believe that what is really important for unified management is “rules” and “awareness of everybody.”
However, I do feel that even considering this, SHOTGUN is furnished with functions that are useful for “creating more flexible rules” and “promoting the maintenance of group awareness.”

– Materials
* Session slide
https://www.slideshare.net/UnityTechnologiesJapan002/unite-2018-tokyoxflag/UnityTechnologiesJapan002/unite-2018-tokyoxflag

* AUTODESK「SHOTGUN」
https://area.autodesk.jp/product/shotgun/

(Progmaru)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA