【CEDEC 2018 シリーズ②】技術の進化

*English translation below

あまたまブログ2回目の投稿となります、アーティストの大山です。
今回は、はじめて参加したCEDECについて書こうと思います。

中でも特に印象に残った「新しい技術や手法の活用法」について、いくつかご紹介していきます。

●プロシージャルモデリングが可能なツール『Houdini』を用いた3Dモデルの自動生成の話

プロシージャルとはCG用語で、数式やスクリプトなど事前に入力したデータを利用してモデルを自動生成する技術のこと。「手続き型」などと呼ばれることもあります。
車のモデリングの場合、ボディの面の生成や窓やヘッドライトなどのモデリングの工程を定めてあらかじめ用意しておくと、自動で3Dモデルを作成でき、また車幅はどれくらいか、どのくらいの面で割るのかなど各々の数値を変えることで様々なバリエーションを簡単に作成できるそうです。

建物が崩壊するモデルやキャラクターのモーフィングなど、ボーンを入れてやろうとすると時間のかかる大変な作業を自動化できるといったお話もありました。

●フォトグラメトリからキャラクターの3Dモデルを作成し、ブレンドでバリエーションを出す話

フォトグラメトリとは様々な角度から物体を写真に撮り、視差情報を解析することで3Dモデルを作成する手法で、航空写真から地図の等高線を作成するために発達した技術のことです。
写真を撮る環境が整えば、モデルデータを自動で作成できます。実際に存在する物であれば一から作成する手間が省け大幅な時間の短縮に繋がります。

さらに、リアルな人物モデルにバリエーションを加えるために作成したモデルデータを混ぜることができる『ブレンドシェイプ』という手法も紹介されていました。目や鼻、口などパーツごとにランダムにブレンドできるうえ、どのモデルのどの特徴を強く出すかなどを決めることができ、バリエーションを増やしたり、またリアルなモデルに特徴を追加してキャラクター感を出すなどの作業が簡単に行えるというお話でした。

こちらの講演では効率化のほかにクオリティにも焦点を当てていて、なるべくツールを使うことで誰が作っても一定の出来栄えになるように、こうした技術を導入したということでした。

その他にもテクスチャを自動生成するツールや、3Dでのライティングの面倒な調整を助けてくれるツール、目線の動きを機械で読み取り、人がどこをどの順番で見ているかをデータ化する手法など、技術の進化に「こんなこともできるのか!」と驚きの講演ばかりでした。

もちろんこれらの便利なツールも、使いこなすには様々な知識や経験、ツールを作成したりカスタマイズしたりといった前準備が必要なため、何もかもが簡単だというわけではありません。
しかし、機械を有効に使うと調整に時間を多く使えるため、クオリティが高くなるというお話が多かったように思います。

今回のCEDECで見聞きしたことをすぐに取り入れることができるかといわれると難しいですが、技術の進歩の一端を見れたことはとてもいい勉強になりました。

(大山)

【CEDEC 2018 Series ②】The Evolution of Technology

I’m artist Oyama, posting here for the second time. 
This time I will be writing about my debut participation in CEDEC.

Among other things, I will be introducing, several of the new technologies and regarding some of the practical- use techniques which particularly left an impression on me.

●Discussion of automatic creation of 3D models with procedural modelling capable tool Houdini.

“Procedural” is a term used in CG, and refers to a technology which automatically produces models by utilizing numerical formulas, scripts and previously input data. 
It seems from this talk that in the case of car modelling, if the surface of the body, the windows, and the headlight stage of production are prepared in advance, a 3D model can then be created automatically which, by adjusting each numerical value accounting for the width of the car or how much the surface is divided, can allow for the easy creation of diverse variations.

There was also a discussion regarding the automation of difficult and time consuming work, such as modelling for building demolitions, character morphing, and inserting the bones for 3D models.

Production of 3D modelled characters from photogrammetry and creation of variation via blending.  

Photogrammetry is a technique wherein photographs are taken of an object from various angles so that a 3D model can be constructed by analyzing the parallax information. It is also the technology used to create topographic maps from aerial photographs.
Once the environment for taking photographs has been arranged, modelling can be performed automatically. If the object in question actually exists, the creation process will be quicker as it does not have to start from scratch.

In addition, a technique called “Blend Shape” was introduced, which could mix model data together to increase variation in realistic human models. It was able to randomly blend parts such as eyes, nose and mouth while choosing which characteristics to emphasize for each model, thereby increasing variation. In addition, it was discussed how works such as creating a sense of character to the 3D models, could be performed easily by adding traits to the realistic models.

This lecture focused on efficiency, quality, and introducing technology so that anybody using these tools can achieve a certain degree of success.

The other surprising speeches all showed just what we can now do with the evolution of technology. For example, tools for automatic texture creation, tools that help with difficulties in 3D lighting adjustment, and an apparatus which can read the movements of human eyes and tell where they are looking and in what order and then convert it into data.

Of course, mastering these useful tools will not be easy as they require an array of knowledge and experience, as well as preliminary work, customization and preparing of tools. However, there was a lot of discussion about the improvements in quality, as more time can be allowed for adjustments, if the technology is used efficiently.

It is difficult to say if all that was seen and heard at this CEDEC will be able to be introduced right away, but I was able to learn a lot by witnessing one part of the progression of technology.

(Oyama)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください