【CEDEC 2018 シリーズ①】新人が見たVR

*English translation below

みなさんこんにちは。エンジニアの武内です。
08/22~08/24に開催されたCEDEC 2018に参加してきました。
CEDECは、今年で開催20回目をむかえたゲーム開発者向けの技術交流イベント。今年のテーマは「空想は現実になる」です。
これから何人かCEDECについてレポートしますが、私は、VRについて書きたいと思います。

【酔わない移動方法】
現状のVRゲームでの移動方法は「ワープ移動」が主流かと思います。
ですが「ワープ移動は不自由!」ということでそれ以外の酔わない移動方法について紹介されていました。

コントローラーを歩くように振って移動させたり、急停止のタイミングは視界を暗くして酔いを軽減させたり、移動方法一つとっても色んな工夫ができるんですね。
VR元年と呼ばれる2016年から2年経ちますが、まだまだ未開拓な分野なんだなと思いました。

【ギャラリーにも楽しんでもらう】
VRってプレイしてる人はいいんですけど、周りの見ている人には何をしているのか分からなかったりするんですよね。
この問題を解決するために、見ている人にも楽しんでもらえるような工夫も紹介されていました。

モニターにプレイ中の映像を流すことで、待っているお客さんの予習になったり、プレイ中の映像をレクチャー役の人が確認できるようになったり。
ゲームを作って終わりではなく、お客さんにプレイしてもらうときにも工夫が必要なんですね。

他にも得られた知見はありますが、今回はこの辺りで。
初めて参加したCEDECでは色々なことを学べたと思います。

ちなみに休憩室もありました。
座れるスペースが広く、駄菓子がたくさん置いてあって自由に食べられるので、セッションやブースを回るのに疲れた時に利用しました。
駄菓子をいくつか取って、ガイドブックを見ながら「このセッション面白そうだな~」などと考えていたら…

当たりました。

(武内)

【CEDEC 2018 Series ①】 An AMATA Newcomer’s Experience in VR

Hello everyone. This is engineer Takeuchi.
I attended the CEDEC 2018 held from 08/22 to 08/24.
CEDEC is a technology exchange event for game developers that celebrated its 20th anniversary this year.
The theme for this year was “Fantasy becomes reality.”
Others will report more on the CEDEC later, but for now I would like to write about VR.

【How to Move Without getting Motion Sick】
Warp motion is the main method for moving in current VR games.
However, warp movement is viewed as restrictive and therefore other methods for moving without getting motion sickness were discussed.

From shaking the controller to simulate a walking motion to darkening the field of vision to reduce sickness when you stop suddenly, there are a lot of different ways to move.
Two years have gone by since 2016, which was heralded as the first year of VR, but I think that there are still a lot of things to develop in the field.

【Have Fun as a Spectator Too】
It is cool that people play in VR, but what about those who are watching?
To solve this problem, some ingenuity had to be used to encourage spectators to have fun.

By projecting an in-game video on a screen, the people waiting to play can learn from those who are playing while a “lecturer” comments on it.
It’s not over after making the game. You also need ingenuity when you ask people to play.

I learned a lot by participating in the CEDEC for the first time, and there are more things I could share, but this is all for this time.

By the way, there was a lounge too.
There was a lot of space to sit and free candy you could grab, so I went there when I got tired of going between sessions and booths.
I would grab some candy and the guide book and think, “this session looks interesting.”

And I was right on the money every time.

(Takeuchi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください