【GDC2019 特集⑦】GDCの冒険:転生したらGDCのスピーカーだった件

*English translation below

またブログに帰ってきたよ!アレです~!

ようやく解放されたかと思ったら、また逆戻りだ~www
でも、ま、私もまたここにいるし・・・あなたもまたこれを読んでいるし☺

今年のGDCは私にとって特別でした。
なんと、人生で始めて自分のバッジに「スピーカー」のリボンをつけることができました!
GDCでリボンを付けられるという事は本当に光栄なことです:アチーブメント達成!

私のあまたでのお姉さん、「レジェンダリーフジヤマ」がもう既にブログで私たちのセッションについて書きましたので、そこに関してはあまり細かく書かないですが、本当にいい経験でした。
→レジェンダリーフジヤマによる記事はコチラ

私の箇所は数分で終わりましたが、人生で一番緊張した時間でした。
私たちのセッションがGDC初日
で終わったのは何より。
じゃないと不安と緊張で、GDCのほかの部分を楽しむことが出来なかったと思いますww

初めてのAnimX!

引用:http://www.animstate.com/2019-animation-exchange-talks-and-speakers/

私たちはAnimation Bootcampのスピーカーでしたので、Twitchの本社で行ったAnimation Exchange(AnimX)に招待されました。
AnimXはアニメーター向けのよりカジュアルなGDCです。
今まで参加することが出来なかったので、とても楽しみにしていました。
実際に参加してみて、たくさん学ぶことが出来ましたし、何よりほかのアニメーターと沢山交流することが出来ました。
GDCに行っているアニメーターの方々に、とてもおすすめします。

AnimXでは、すべてのセッションが良かったですが(Spryoが特に面白い!)、一番楽しめたセッションは『AnimXTREME Hotseat Showdown 3000! God of War Edition』でした。そのセッションをみて、今まさしくアニメーターをしている私が言うのも変ですが、この仕事を選ぶならいい意味でちょっとおかしくないといけないなと改めて再確認しました…ww
それくらい面白いセッションでした。

10時間以上!のAnimXの配信はこちらで見れます:http://www.animstate.com/2019-animation-exchange-recorded-talks/

やっぱり1番!ラウンドテーブル!

そんなこんなで初めてのAnimXは楽しかったですが、やっぱり毎年何よりも一番楽しみなのは各セクションのラウンドテーブルです。
真似してあまたで開催するほど!
去年のブログ、ぜひチェックしてください!↓

ラウンドテーブルの様子

GDCのラウンドテーブルへ行ったことのない人のためにラウンドテーブルの様子を説明します。
部屋に入ると、椅子が丸い形で2重に配置されています。上から見ると2重丸のような感じです。そして、円の中心にはテーブルが設置されています。内側の円はほとんどレギュラーメンバーですぐいっぱいになります。
自分はまだ内側の円に座る自信がないです!(誰も気にしてないとは思いますが、ラウンドテーブルでは座った瞬間から上下関係は一切関係なく皆立場が同じになるので。)そんなわけでまだ心の準備ができていないですが、いつか内側の円に座ってみたいですww


ラウンドテーブルに参加しているレギュラーメンバーは、ほとんどAAAスタジオで働いている方です。作っている
ゲームが全部素晴らしい物ばかりなので、一緒にいるだけで感激で固まります!!その部屋にいる人の業界経験年数を全部足すと数百年くらいあると思います。毎回本当に謙抑してます!

毎年熱量の高い学生さんも参加しています。
見るだけでアニメーターになることを夢をみた自分の学生時代を思いだします。
周りの方々が、その場の学生さんにいつも優しく丁寧に対応している様子から見ても、私と同じように過去の自分と重ね、色々思い出しながら接しているのだろうなと感じます。
そんな様子を見ていると自分も学生時代にGDCへ行けばよかった!と今更ながらに思ってしまいます。

ほかのセッションと違って、ラウンドテーブルはレコードされていないので、早く入らないと見れないです!
初のGDC時は、何も知らず知らずに10分前に着いたら、全然入れなかったです…。それ以来、必ず30分前に行くようにしています。

おすすめのラウンドテーブル

私が毎年行っている2種類のラウンドテーブルを紹介します。
「アニメーションラウンドテーブル」
と「テクニカルアーティストラウンドテーブル」です。毎年6時間をラウンドテーブルで過ごしていることになりますが、それだけの時間を費やすべき価値があると思っています。

◆アニメーションラウンドテーブル
管理している方が凄いです。アニメーションについての情熱が部屋にいる参加者に届き、彼が話すと部屋そのものが明るくなります。会話を誘導するのが上手で会話に参加しやすいですし楽しい環境を作るのがとても上手です。

◆テクニカルアーティストラウンドテーブル
管理している人がGDCで出会った人の中でも、最も優しい方です。GDCのこと、参加している人々の事を深く考えていることがとても伝わってきます。この業界に入りたがっている人たちへの対応がとても良いので、彼がやっているラウンドテーブルは入りやすいです。周りのみんなの良いところを引き出すのが得意です。

毎年一応テーマがありますが、ほとんど会話のような感じで進むので、最初の話題から離れることもあります。そのような形式だからこそどのタイミングでも気兼ねなく質問ができ、話をすることができます。

今年のラウンドテーブル参加で学べたこと

今年は、「燃え尽き症候群」について話し、学びました。
自分は業界で5年目なので、そういった事象に対して少し心配し始めているというのが正直なところです。
世界中のスタジオから来ている皆さんがこれについて色々ディスカッションし、「燃え尽き症候群」をどう避けるか話してくれました。

・やりすぎに気を付けること
・休憩すべきタイミングを自分で判断できるようになること

私にとってとても良いアドバイスでした。

もう一つよく話されるのが「失敗からどう学ぶか」という事。
今年、その話題の際に「失敗するのは大丈夫、前に進んでいるなら」というとても良いアドバイスをもらいました。今も頭のなかでずーーっと響いています。

もちろん技術についてもたくさんたくさん話しています!仕事をこなす上で役立つヒントを、皆さんがバンバン言ってくださっている中、自分はメモをとるのに一生懸命です。

ラウンドテーブルは技術やツールの話をするだけの場ではない!

毎年ラウンドテーブルで話すことは違いますが、終わった後の気持ちはいつも同じです。

どこで働いて、何をしていても、この業界にいる方全てが同じ悩みを持っているという事を知ることができます。
ラウンドテーブルはだたDCCツールの技術を話す場ではなく、自分の働き方をどうするか、現場の人間関係どう改善するか、働く環境をどう改善するか、そして自分を見失わずに働き続ける方法についてなど、技術の領域にとどまらず、アニメーターとして働き続ける上で見失ってはいけないこと、大切にしていくべきことを学ぶことが出来ると感じています。
そういった点から、私的にGDCのハイライトはやっぱりラウンドテーブルです!
もしGDCに行く機会があれば、大きくおすすめします!

またね~

(アレ)


Adventures at GDC Redux: That Time I Got Reincarnated as a Speaker at GDC

Are (Ah-ray) here again with another blog!
Every time I think I’m out, they pull me back in…

But here I am, and here you are.

This year’s GDC was really unique for me. For the first time in my life, I got to wear the Speaker ribbon on my badge. Ribbons at GDC are actually a big deal, so Achievement: Unlocked.

I think my big sis Legendary Fujiyama wrote about our talk in her blog, so I won’t go into much detail, but it was quite the experience. My section of the talk was only a couple of minutes long, but I have never been so nervous in my entire life. I am just glad our talk was on Monday, so that I could enjoy the rest of GDC.

http://www.animstate.com/2019-animation-exchange-talks-and-speakers/

Since we were speakers at the Animation Bootcamp, we were also invited to be part of the Animation Exchange that was held at the Twitch headquarters. I had never had the opportunity to participate in it, so I was very excited. It’s basically just a more casual GDC just for animators, and it was an amazing experience. I learned a lot and got to bond with animators from all over the world. If you are an animator at GDC, I highly recommend going.

While all of the talks were great (the Spyro one especially!), I think my favorite part of AnimX was AnimXTREME Hotseat Showdown 3000! God of War Edition. It just solidified the fact that animators need to be a little crazy to choose this as their job.

You can see the entire TEN PLUS hours of AnimX here:
http://www.animstate.com/2019-animation-exchange-recorded-talks/

But, even though I enjoyed AnimX, my favorite thing about GDC each year is always the roundtables, so much so that I made my own version of them here in Japan(see last year). This year’s GDC was no different.

For those of you who have never been to a GDC roundtable, they are honestly a little overwhelming at first. There are two rings of chairs set up, with the inner ring having tables and the outer ring just being chairs. The inner ring fills up quickly, and tends to be wear the regulars sit. I haven’t quite gotten the courage to sit in the inner ring(even though nobody would even bat a lash at it…everyone is on an even playing field at the roundtables) yet, but I will one day. I guess I just don’t feel ready yet haha

 

The regulars at the roundtables are mostly people who work at AAA studios. It’s hard not to be starstruck by them, because the things they make are so amazing! I’m pretty sure if you combined all the experience in the room together there would be a few centuries work of experience there. Which is why it is such a humbling experience.

There are also lots of very passionate students who join each year. Seeing them always reminds me of when I was a student and wanted nothing more than to be where I currently am. I think everyone at the roundtables feels that way, because the students in the room are always shown the utmost respect and positivity. I wish I would have gone to GDC when I was a student actually.

The roundtables aren’t recorded, so you have to get in quickly. My first GDC, I made the mistake of only going 10 minutes early, and I missed the first roundtable of that GDC because of it. Now I make sure to give myself at least 30 minutes of wiggle room.

There are 2 roundtables that I go to each year: The Technical Artist Roundtable and the Animation Roundtable. That means I spend 6 hours of GDC at roundtables, but every minute is worth it.

The guy who runs the animation roundtables is amazing. His passion for animation just radiates from him, and the whole room lights up when he talks. He really knows how to guide a conversation and make it easy and fun to participate.

The guy who runs the technical art roundtables is one of the kindest people I’ve ever met at GDC. He cares so much about GDC, and the people who go to it. He is a great example of how people should treat those coming into the industry after them, and his roundtables are extremely welcoming. He brings out the best in those around him.

Both roundtables work similarly, so I will talk about them together.

There are very loose themes for each day, but it really flows like a conversation, sometimes wandering away from the initial topic (which is not a bad thing!), and anyone is free to talk or ask a question.

The things that we talk about each year differ, but I always walk away from the last roundtable of GDC feeling like it doesn’t matter where you work or what you make, everyone in this industry is struggling with the same issues. The thing about the roundtables is that they aren’t just about techniques in whatever DCC tool. They are about how to work better, how to improve work tiprelationships, how to improve working conditions, and how to keep yourself sane.

This year we talked a lot about burn out. I’m on my 5th year in the industry, so it is something I am honestly worried about. People from studios all over the world, from big to large, shared their opinions on the subject, and how to avoid it. Most people seemed to agree that it was about not overdoing it, and knowing when to take a step back. This advice has been extremely vital to me recently.

Another thing that gets talked about a lot is failure, and how to learn from it. This year, the concept of “failing forward” came up, and has really stuck with me. Failing forward is just the notion that it’s okay to fail, as long as that failure pushes you in the right direction.

Of course, the roundtables talk a ton about techniques too! There is always a few minutes dedicated to sharing everyone’s tips and tricks, and I furiously take notes about each one.

The roundtables really are the highlight of GDC for me, and if you ever get the chance to visit GDC, I cannot recommend them enough!

See ya next time~

Are(Ah-ray)

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。