映画のエキストラ

*English translation below

あまたはゲーム会社ですが、『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』を、製作委員会のメンバーとして企画・プロデュースしている映像制作会社でもあるのです。なので、映像現場から有志で映画のエキストラやりませんか、と声掛けがあったりします。先日、私もとある現場で出演してまいりました。業界歴は10年以上になりますが初めての体験です!

まず「XX月、とある会の観客として、外出着で」といったシチュエーションが与えられます。それにマッチする服装をあれこれ想像するのですが、多くの映画ではエキストラさんがこうやって想像力を働かせて画面の厚みのひとつになってるんだなーと、ふと感じました。私はすっかりゲーム脳なので「もしアバターのドレスコード付きVRイベントをYoutubeで放映するとしたら、参加者さんの気持ちもこんな感じなんだろうなー」とも思いながら準備をすすめます。

集合8時で、エキストラの撮影が始まったのはじっさいは9時半ごろでした。感銘を受けたのがプロップデザインです。会のパンフレットや壁づり広告が、デザイン違いで2種類あり気合いを演出してます。チケットも「招待」や「前売り」など日頃みる各種は、ぜんぶ取り揃えられています!後援団体の名前などもしっかり記入された「止め」で見られても全く問題ない情報密度の出来です。

映画から多くの影響を受けているといわれるビデオゲームですが、画面解像度的に多くのビデオゲームは現実と同じレベルの情報密度での素材は滅多に作らないんですよね(設定レベルでは存在しても画面ではつぶれてしまうので。また多言語化などの都合もあります)。しかし今後も高解像度化は進むでしょうし、VRも一般化していくでしょう。
その過程でプレイヤーさんが好きなように細密な画面に寄っていけるようになるわけでして、映画からまた新たに学ばないといけないことが増えるなあ、と直感しました。

そして次の撮影が……数時間きません。監督さんやスタッフさんは忙しく動き回ってらっしゃいますが、我々エキストラは7,8割がたバックヤードの椅子でその日は待っていた気がします。事務所所属のエキストラさんたちともいろいろ異業種のお話を伺いました。

15時すぎになってついに出番の声がかかりました。少々待ち疲れた時間ですが、そうとなれば、全員が一瞬の出番に全力を尽くします。最後はガヤどりで、我々もガヤにそれらしい工夫をいれたアドリブを繰り出し、オールアップ。
プロデューサーさんが「映画ってのは待つのが仕事だからね」と漏らしたのが最後に大変印象的でした。映画関係者、尊敬します。

(松山)

Movie Extras

AMATA is a game company, but it is also a video production company that, as a member of the production committee, is planning and producing FINAL FANTASY XIV Dad of Light. I get calls from the shooting set asking things like if I’d like to volunteer as a movie extra. The other day I finally took up on the offer, and appeared in a scene. I have over 10 years experience in the game industry, but this was a first for me!

First, I’m given a brief such as, “The month is XX, you are a guest at a certain event, wearing outdoor clothing.” I imagined a variety of clothes to match this, and was suddenly struck by the thought that extras in so many movies are using their imaginations to create a part of the depth that we see on screen. Being a total gaming nerd, all I thought about during preparations were:  “this is what it must feel like to participate in a livestream broadcast of a themed-avatar VR event.”

Our call time was at 8:00am, but the shooting for the extras actually begun at around 9:30. One thing that made a deep impression on me was the prop design. On the set of the film where this fictional event was to be held, there were pamphlets and  posters of two kinds of different designs, that captured the vibe and atmosphere.
They had made all kinds of tickets specially made for the fictional event, such as tickets for normal entry, and tickets for advanced booking. These tickets even had the name of the made-up sponsoring organizations, right there to catch your attention. The level of detail was astounding! 

Even though video games are heavily influenced by movies, we rarely produce games with the same level of detail. (because even if we create those kind of assets, the details would be lost due to screen resolutions etc. there are cases where localisation is an issue as well). Still, with technology advancing everyday, and high resolution displays as well as VR becoming an everyday thing.
 I have a hunch that as a part of that process,  players will be able to come as close to any objects as they like.
The  things we have to learn from movies will once again, increase.

Back to the movie shoot; for the next shoot…it didn’t come for a few more hours. The director and staff were busy moving around, but it felt like we extras spent about 70-80% of the day waiting in chairs in the backyard. I heard all kinds of stories from the extras belonging to different industries.

At 3:00 PM, we finally got the call. It was our turn. We were a little tired of waiting, but because of that, everybody put all of their energy into their one, single moment on the screen.
The last thing was the background recording. We devised and unleashed our best ad libs for the scene’s background chatter. And that’s a wrap.
“In the film industry, waiting is part of the job,” said the producer; it was a final, deeply impressive revelation. Filmmakers, I salute you.

(Matsuyama)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください