【UniteTokyo2018シリーズ⑦】非プログラマーが行くUnite Tokyo 2018

*English translation below

初めまして、運営プランナーのTAKAと申します。
自分はエンジニアやデザイナーではありませんが、自身の知見を広めて今後のゲーム運営、開発に役立てられるようにと初参加を決めました!
とはいえ、自分ひとりでは心許ないことと、若い方の成長にも繋がればと同じ運営プランナーで若手の「はーさん」にも同行いただきました。

自分達が参加したのは5月8日と9日の2日間で、朝から晩まで必ずどこかの講演に参加する形で挑みました。
ただし、「このコードはここが悪くてここがこうなっているから…これをこうしてこうじゃ!」のようなお話の内容についてはさっぱりですが、概念や考え方については吸収できたと思っています。
そう言ったコードやデザインについての専門的な部分の内容に関しては、その道のプロフェッショナルな方々のブログを見ていただいた方がわかりやすいと思いますので、自分はそれ以外の部分でのお話を出来ればと思います。

Uniteでは、Unityを使った開発プロジェクトに関するお話のためゲーム関連のものが多いのですが、中には全くゲームとは異なる業種の講演も行われています。
今回、知見を広めるという意味で、そういった異業種の講演にも積極的に参加してきました。
まずは、様々な講演を聞いてきた中で、あのトヨタ自動車の講演があるということで参加してみました。
会場は今回のUniteの中では小さなRoom4というところだったのですが、席は有料のS席含めて満席となり会場内も立ち見で埋め尽くされており、さらにメディアの方々の数が最も多かったです。
さすがは世界のトヨタ、その名前だけでこれだけの人が集まるとは…と感心しておりました。
講演内容は、トヨタでもUnityを使ったVRで試験的に色々やっていますよという内容で、ゲーム運営等に直接活かせるような内容ではありませんでした。
とはいえ、こういう機会でもないと全く別業種のお話を聞くことは中々ありませんし、いつどこで役に立つかわからないですからこれも一つのタネとして頭の片隅にしまっておくことにしました。

その他では、建築業界ではUnityとホロレンズを用いたMR技術による開発が行われているというものもありました。
将来的にMRを使い、実際に建物が建てられる現場でホロレンズを使った実物大の建物を見ながら進めていくことが出来るようになるという内容でした。
とはいえ、実物大の建物となると大きさも相当で、それらを表現するために必要なデータ量も当然ながら大きくなるため、気軽に外で使うためにはまだまだ機器のスペックが足りないとのこと。
またホロレンズの使用条件として現実環境(天候や太陽光など)の影響を受けるなどもあり、技術的に乗り越える壁はまだまだある状況ですが、実用されるシーンは確実に増えているとのことでした。
近い未来、全ての工事現場ではホロレンズの様なMRを使った工事が行われているようになっているかもしれません。

出展ブースで実際にホロレンズを使った体験ができるものがありましたので、MRを初体験してきました!
MRは、VRとは異なり完全にゴーグルで視界を覆うのではなく、メガネの様なレンズにオブジェクトを投影するため、現実世界の中に投影されているような感じになります。
そのため、こちらからはオブジェクトを見ているつもりでも、正面に立っている人(今回ははーさん)から見ると、目が合っているのに焦点があっていないのでちょっと怖かったです、と後から言われました。
こちらはオブジェクトを見ているので、正面に立っているはーさんに全く気付いていませんでした。

と、全然ゲーム的要素0の内容となりましたが、ゲーム業界一筋で生きてきた自分にとっては異業種でも同じツール等を使って様々な取り組みをされていることや、そういった使い方もあるのかというのは色々と刺激になりました。
知見を広める、という意味においては今まで全く触れてこなかった世界に触れることができたのである程度は達成できたと思っていますが、これをどう今後に活かしていくのか、新たな自分の課題を積むことになりました。
その解答をいつか出せるよう、これからも精進していくばかりです。

(TAKA)

【UniteTokyo 2018 Series 7】Attending the Unite Tokyo 2018 as a Non-Programmer

Hello everyone. I am an operation designer, TAKA.
Although I am neither an engineer nor artist, I still decided to attend this event for the first time in order to broaden my perspective as well as to gain experience for future operations and development!
That being said, I felt nervous going by myself, and I thought this might be an opportunity to help the younger members, so I had Haa-san, a younger operation designer, come with me.

I attended for 2 days, from May 8th to 9th. I made myself attend speeches throughout the day since it seemed to be a good challenge.
However, many of the speeches were like “this code here is bad for this reason… So we should do this instead!” Nevertheless, I think I was able to learn from the concept and the thinking behind it.
Blogs written by professional programmers and artists would probably provide a better insight to the technical aspect of the event. So I will write about other aspects instead.

Since Unite was all about projects developed with Unity, most discussions were about games. However, there were some speeches about different applications.
I actively took part in those speeches as well, in order to broaden my perspective.

First of all, among all the speeches, there was one by the famous Toyota Motor. I, of course, just had to attend that one.
The speech was in Room 4, which was quite small compared to other rooms of Unite, but it was absolutely filled with people, including in the S seats where you need to pay extra. Most of them were from the media.
That’s the world-renowned Toyota for you; people would gather just from hearing the name… is what I thought to myself.
The speech was about how Toyota used Unity to create all kinds of experimental contents in VR. It did not directly relate to the gaming industry.
That being said, there won’t be many chances like this to hear from people in different fields, and it could prove useful in the future, so I made sure to keep the content of that speech in my memory.

Other than that, Unity and HoloLens were also used in the field of architecture to create mixed reality(MR) contents to aid development.
In the future, people might be able to use HoloLens to view a life-sized building at its actual location in MR before it is built.
Nevertheless, creating something as large as an actual building will require an enormous amount of data that our current level of hardware just cannot handle.
Additionally, the usage of HoloLens is also limited depending on the real-life environment (weather, sunlight, etc.), meaning there are still technical obstacles to overcome. Even so, possible use cases for the HoloLens is slowly but surely increasing.
In the not too distant future, all construction sites might be using HoloLens and MR in their construction.

There were also HoloLenses at the exhibition for us to try on, and I got my first taste of MR!
MR, different from VR which covers your entire vision, is realized by projecting objects into the lens of a device that looks like a pair of glasses. Making you feel like the objects is actually in the real world.
For that reason, even though I was looking at the object, when people (Haa-san in this case) stood in front of me, my eyes would not focus on her and it was slightly unsettling, as Haa-san told me afterwards. I did not notice the people standing in front of me at all since I was looking at the object.

And so, although this was totally unrelated to gaming, it was very eye-opening for me learning that people outside the gaming industry were using the same tools as us, and that there were many different ways to use them.
I would say mission accomplished in terms of broadening my perspective, as I got to know an entirely different world from that of my own. Finding ways to utilize this experience in the future becomes a new task that I have to undertake.
I will do my best in searching for the answer.

(TAKA)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください