走りに行ってきました。

*English translation below

皆さんこんにちは。ビジネス開発部のM.T.です。

今回は、社内のさまざまな「グループ」についてご紹介します。
あまたの社内通信プラットフォーム「Yammer」と呼ばれるソーシャルアプリでは、仕事やプロジェクト用はもちろん、同じ趣味を持つ者同士が集まる場所として、各自の「グループ」を立ち上げることができます。「Walk&Run部」、「アニメ部」など、グループ内ではテーマに沿って、愛好者同士が話し合ったり、活動写真を共有してワイワイしています。

例えば、僕が所属してる「Walk&Run部」では、毎週自分のランニング記録と途中で撮った写真を共有しています。

 

「アニメ部」では、自分が最近ハマっていた『ゆるキャン△』のコラボカフェの記念写真をシェアしました。

「珈琲部」もあります。月一回、特定のスタバ店舗に集まって、「リザーブ」と呼ばれる珍しいコーヒーを飲み比べる活動をしています。

こういった一見、仕事とは関係ない「部活」に対しても、会社が支援をしてくれています(「部活動、応援します!」)。会社の規模の拡大とともに、社員同士の交流とコミュニケーションの重要性も高まってくる、その状況を見据えて、一定の条件を満たす活動を対象とした補助金制度を、会社が設けてくれたのです。
「コミュニケーション重視」と宣言する組織は多くありますが、実際に行動で支援する会社は、やっぱりかっこいいなと思います。

あまたのカルチャーの1つ「強い好奇心を持ちオタクを極める」というのは、会社の理念の記述でもあり、社員への期待でもあると思います。「好きなものを徹底的に好きになって、情熱をもって知識を吸収する」と僕は理解しています。そして、一人でではなく、「好きなものを周りの人と一緒に楽しむ」ことを可能にしてくれたのも、あまたの一つの魅力だと思います。

M.T.

A little trip to Shibuya

Hello everyone, M.T. again from the business division.

This time I’d like to introduce the various 「Groups」(co-corriculum activities) within the company.
There’s this inter-company social platform called “Yammer”, that we use not only for work and project-related communication, but also as a place for like-minded enthusiasts to gather together and form their own 「Groups」.  There’s the “Walk&Run Group”, the “Anime Group” etc. alongside various different kinds of groups, each with their own distinctive themes, where fans and hobbyists can get together to chat and share photos with one another.

For example, here’s the “Walk&Run Group” where I post records of my weekly runs, along with pictures of the scenery.

 

In the “Anime Group”, I got a chance to show off some of photos from my visit to the “Yuru Camp△” collaboration cafe.

There’s even a “Coffee Group”, where we gather once a month to try out specialty “Reserved” coffee at designated Starbucks stores.

The interesting bit about all this, is that even though these “group activities” might look like they have little to do with work, the company is actively supporting these club activities. It turns out, once an organization grows to a certain size, so does the importance of inter-communication between colleagues, and as long as the activites meet certain criteria, AMATA is willing to help things along by putting up a subsidary system.
Saying “We value the importance of communication” is par for the course in nearly any organization, but to see a company actually walk their talk is admittedly still pretty cool..

Under Point 7 of the description for AMATA’s corporate culture, you’ll find the words “Curiosity and Geekiness”. I like to think of those as not only a statement of the company’s values, but also as a form of encouragement, an ideal trait for all who join the ranks. “Be passionate about the things you like; fall in love with them, and strive to learn more them” is how it comes across to me. And the best part? You don’t have to do it alone. There are few things in life more fulfilling than “enjoying the things you like, with the people around you”, and a company that’s willing to go the extra mile to make that possible, is always cool in my books.

M.T.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください