【18新人シリーズ⑥】この4か月をふりかえって

*English translation below

こんにちは。新人エンジニアの山口優太です。

去年の6月に新卒採用の方で内定を頂き(現在は新卒採用という仕組みではなくChallenger採用という仕組みになっています)今年の4月からあまたの一員としてお仕事をしています。
入社から数か月が経過し、過度に肩肘を張っていた状態からようやく少し慣れていくことが出来ました。
が、慣れてきた辺りでミスを起こすというのもよくある話なので、現在も適度に緊張感を持ちつつ作業をしています。(1年目はミスを気にせずどんどん挑戦すべきとも教えていただいてるので慎重すぎるのも良くないのですが)

振り返りも兼ね、入社してからの軌跡を今回は執筆したいと思います。

4月に入社し、最初の2週間は研修期間でした。
1週間目はビジネスマナーや会社について等といった座学的内容の研修を受け、2週間目は技術研修を受けました。
ブログなので詳しい内容には触れませんが、非常に充実した内容の研修を受けることが出来ました、とだけ。
この最初の2週間で意識はそれなりに切り替えられたと思います。(まだまだ足りていない部分は多々ありますが)

(研修時にいただいた資料です。殆ど見せられませんが……現在も鞄の中に入ってます。)

(技術研修ではUnityを使用しました。業務もエンジニアの場合はUnityをメインに使用することが殆どです。)

研修後は早速プロジェクトの方へ配属されました。
東京スタジオは現在3つのビルがあるのですが、私が配属されたプロジェクトは3つのビル全てにメンバーが居る、ということでトレーナーの方と共に挨拶巡りへ。
ガチガチに緊張していたことをハッキリ覚えていますが、チームの皆さんが気さくに挨拶をしてくださり、気が楽になったこともハッキリと覚えています。
その次の日からプロジェクトでのお仕事を本格的に開始です。といってもいきなりゲーム部分をがっつり触るようなことはなく、どのようなゲームを作っているのか実際に遊ばせていただいて雰囲気を掴んだり、作業で使用するツール等の準備といったことから始めていきました。

新人ということもあり、作業内容そのものは簡単であっても「仕事」として取り組まねばならないという緊張感とプレッシャーはなかなか精神的に来るものが最初はありました。
ですが質問をすれば真摯に答えてくださる先輩方だったり、定期的に面談を行って話を聞いてくださったりと、あまたはとにかく新人に対するケアが厚いです。そういったサポートもあり、冒頭でも記述したように今は幾分か気楽にお仕事が出来ています。

4月終盤から5月に入ると、徐々にゲームのバグ修正や調整など、ゲームそのものに触れる作業が増えていきました。
ソースコードの確認をしていき、こんな技術や書き方があったのか……と毎回驚きつつ、余計な所まで弄ってしまわないよう慎重に作業を行っていく日々です。
バグ修正は単純な作業ではありますが、自分の知らない技術や記述の内容を確認しつつの作業ですのでかなり大変ではあるのですが、タスクを一つこなすたびに新しい知識を身に着けることが出来るので結構楽しく感じています。

6月に入ってから現在はちょっとした機能の追加や修正等も行うようになりました。
もちろん既存の処理に影響を与えないようにしつつ、追加や修正を行う必要があるのでこれまた大変です。
流石に分からなくて手が止まることもありますが、先輩方に質問や相談をしつつ何とか作業を進めています。
大変ではあるのですが、自分の追加した機能がきちんとゲーム内で動いているのを見るとちょっとした感動があります。

まだまだこれからも知らないことに触れていけるのかと思うと、実はちょっと楽しみだったり。
先ほども書きましたが、あまたでは定期的に先輩方や役員の方との面談があるので、「これやりたい」「あれやりたい」といったアピールを積極的にしていくことができます。つまり知らないことにどんどん挑戦できるチャンスがあるのです。
実は私もこういった分野に興味がある、といったことは少しお話していたりするのでゆくゆくはその分野に触れつつお仕事をして行けたらな、と思っています。
そのためには今できることを丁寧に、確実に、やっていかねば!

入社数か月でまだまだ技術的にも社会人的にも未熟な身ですが、小さなことからコツコツと行っていき少しずつ貢献していくことが出来るように日々の業務を頑張っていきたいです。

ちなみに余談ですが「ゲーム業界はブラックだ」という話をよく聞きます。私も学生時代に耳が痛くなるほど聞いてました。
ですがあまたに関してはそんなことは無く、至って普通ではないかと私は感じています。「新人だから」という訳ではなく、周りを見ても当然のように22時まで残っている、というようなことは全く見ません(勿論緊急対応が必要だったりすればその限りでは無いとは思いますが)。
各種手当なども充実しており、そういった点でもあまたは非常に働きやすい会社だと思います。余談でしたがこれはお伝えしたい。

(新人エンジニアの山口)

【18 New Faces Series ⑥】Looking back over the last 4 months

Hello, I’m Yuta Yamaguchi, a new engineer.

In June of last year, I received a job offer as a new graduate, but I joined AMATA in April of this year as a Challenger hire, not as a new graduate. Over these last few months since joining the company, I have progressed from being very stiff and formal to finally getting used to things a little.
However, it’s said that being familiar with something causes mistakes, so I’m maintaining a moderate amount of nervous caution in my work. (I also think one should not worry about making mistakes in the first year, and just keep going after new challenges, and so having too much caution is also not such a good thing.)

Looking back over the past several months, this post will be about my experiences since joining the company.

I joined the company in April, and the first two weeks were a training period.
The first week was classroom-style training in business manners and learning about the company, and the second week was practical training. Because this is a blog, I won’t go into the details of the training, but suffice it to say that it was extremely productive.
In the first two weeks, my awareness itself underwent a change (although there are still many areas that need some work).

(Material received during training. I can’t show very much, but even now it’s in my briefcase.)

(We used Unity during the practical training. On actual work Unity is also used primarily but not always.)

Following the training, I was assigned to a project.
The Tokyo studio is currently in three buildings, and the project I was assigned to has members in all three, so I went around with the trainer on a round of introductions.
I clearly recall being nervous and overly serious, but I just as clearly remember how the friendly greetings from all the team members really put me at ease.
From the next day, work on the project started in earnest. That said, it wasn’t that I started right in working on the games themselves, but rather with thinking about what kind of games to make and getting a firm grasp of the actual game atmosphere, along with preparation of the tools to be used in the work.

There was also the issue of being a newcomer, and although the actual work itself was fairly simple, there was emotional anxiety and pressure from the very beginning about how all this had to be handled as “work.”
However, veteran members answered questions very sincerely, and there were consultations at regular intervals where what we newcomers said was listened to very seriously, and there was a lot of care and concern for us. With that kind of support, I’m now somewhat at ease in my work, as I mentioned at the beginning.

From the end of April and into early May, I began to work directly with games more and more, doing things like fixing bugs and making modifications.
When I am checking source code, I am constantly surprised that such techniques and ways of writing exist, and have to take care not to tamper with anything unnecessarily.
Although fixing bugs is fairly straightforward work, it is also difficult because of having to check the techniques and content that you don’t know; but it is extremely enjoyable to learn something new whenever you master a new task.

I have been working on adding and modifying functions since the beginning of June.
Of course, it’s very difficult to add and modify features without affecting existing processes.
As you would expect, when I don’t know something I have to stop, but I can ask the senior members and consult with them, and so the work manages to progress.
Although the work can be very difficult, seeing the function that you added to a game working properly is a moving experience.

I think there will be more things I don’t know from now on, but to tell the truth, that’s a little exciting.
As I mentioned before, at AMATA there are regular interviews with senior members and administrators, so there is the chance to proactively say that you want to work on this or that.
In other words, there is the chance to steadily tackle things that you don’t know.
Actually, I also think that just saying you’re interested in a certain field, and then being able to talk about it a little bit, leads to a feeling of connection with that field and wanting to work in it.

After joining the company a few months ago, I’m still inexperienced in technical and social matters, but I will work hard every day, and little by little I can contribute through a succession of small things.

By the way, one often hears that the game industry is “black.” I heard this so much in my student days that it made my ears hurt.
However, AMATA is quite different from your typical company, and that saying does not apply in this case. It’s not just because I’m a new employee that I think this way, either; if you look around, you won’t see people working overtime at 10:00 PM, which is the usual case (although this would not apply in the case of occasional emergencies, of course).
There are also various benefits, and so on this count, too, AMATA is a very easy company to work for. This was a digression, but was just something I wanted to say.

(Yamaguchi, a newcomer engineer)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください