中の人の邦画放談⑧「カメラを止めるな!」

*English translation below

音響課のtomocarlです。
ワークショップから生まれたインディーズ映画「カメラを止めるな!」がいま、多くの映画人や映画通の話題をさらっているのをご存知でしょうか?

実は自分、当作品を撮られた上田監督に2015年ちちぶ映画祭でお目にかかり、以来SNSでフォローして応援していまして。勿論この初長編作品も心待ちにしていました…けれどまさかここまでの空前の大ヒットは、予想できませんでした。
うん、でも観たら人気のワケがわかったよ、ダサかっけぇ傑作コメディ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈あらすじ〉
ゾンビ映画の撮影は難航していた。
42回も重ねたテイクにブチ切れた監督が主演女優に詰め寄る。
「(恐怖の表情は)出すんじゃない、出るんだ!本物をくれよ!」
それはもはや演技指導とはいえないムチャぶりだった。
監督の怒号で、現場はサイテーの雰囲気に包まれた。

サイコ―に雰囲気のある廃墟で撮影しているのに。

監督自らが探しあてたという欝蒼とした森に佇む廃虚は、ホラー映画にぴったりな、まさに最高のロケ地だった。

ただしココ、”昔、人体実験をした”といういわくつきだ。

もしかすると、監督が本当に必要としたのは、ロケーションではなく、いわくのほうだったのかもしれない。

屋上にありったけの血のりを運ぶクルー。台本にない指示を監督が?
カメラに、本物の恐怖を収めたいがために、始まる、死者の儀式。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゾンビ映画撮影隊が本物のゾンビに襲われるイントロ部分は、なんと37分ワンカット!
このワンカットは溢れんばかりの映画愛で撮影されていますので、凝視してほしいです。

そしてこの映画、全96分ですから、
【重要】ぜったいに最後までご覧ください!
ラスト〇〇分大爆笑必至!_:(´ཀ`」 ∠)

映画の内容も、ワークショップから生まれたという成り立ちも、すべてが映画作りの楽しさを証明しています。これは、もう奇跡としかいいようがありません。奇跡の1本、いや1ポンッ!です。
笑顔が印象的な上田監督らしい、観客みんなに笑顔が感染する「カメ止め」を、よろしくで~す!

追伸:舞台挨拶ゲストの吉田大八さん(「桐島、部活やめるってよ」等の監督)に、吉田さん出番待ちのタイミングでお会いできました!
「こんなところに吉田大八さんが?ツイてるわ!」

(tomocarl)

AMATA Staff Talk Japanese Film, No.8- One Cut of the Dead

Tomocarl from the Sound Department again.
Have you heard of this film called One Cut of the Dead? It’s an indie workshop film, and is currently garnering a lot of attention from various film buffs and industry folks.

I actually saw the director of this film, Ueda Shinichiro, at the 2015 Chichibu Film Festival, and have been following him on social media ever since. It goes without saying that I was looking forward to his first feature-length film, but…no one saw a breakout hit like this coming down the line.
But yeah, after I saw it I knew straight away what the key to its popularity was; its snarky, cheesy, masterful comedy!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Summary
The shooting of this zombie flick was not going well.
After 42 takes, the director erupts in anger at the lead actress:
“You aren’t delivering ‘the look of fear’ 
! You have to feel it! Give me the real deal!”
This can’t even be called ‘directing’, it’s just absurd.
With this outburst from the director, the entire set was overcome with a terrible mood…

Even though they had the perfect abandoned power plant to shoot in.
The director had gone out of his way to find this place, an abandoned facility situated in a dense forest- 
without a doubt it was the perfect location for a horror film.

However, it also had a shady history surrounding it. It was said that in the past, human experimentation took place there.

Perhaps the director did not choose the location for its aptitude as a set, but instead for its background.

As the crew carry all their equipment for blood effects up to the roof, the director issues a direction that wasn’t in the script.
In order to capture true fear on camera, a ceremony begins – for the walking dead.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

The intro sequence where the film crew is attacked by real zombies is an unbelievable 37-minute continuous shot!
You really get a sense of their love for film in that sequence, so I ask that you give it your undivided attention.

The film’s full runtime is 96 minutes,
so make sure you keep watching until the very end!
The last 〇〇 minutes are guaranteed to make you fall over laughing!_:(´ཀ`」 ∠)

Its content also helps demonstrate the impact of its beginning as a workshop project, and the fun of just making films. It can only be called a miracle. A grand- no, a spectacular miracle!
I hope you’ll enjoy One Cut, from the ever-impressionistic Ueda Shinichiro, as well as its infectious smiles!

PS: I got to meet the guest for this screening, Daihachi Yoshida (director of works such as The Kirishima Thing), while waiting in line!
I got to see Daihachi Yoshida too! Talk about great luck!

(tomocarl)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください