超 野宿ライダー【始動編】

*English translation below

物凄くふざけているようで本当は不真面目だったり。
まるで妄想ばかりの作り話のようで実のところ架空の話だったり。
そんなブログであなたの脳ミソをいい感じにトロッとさせたい。

こんにちは のんびりブロガーの超ごろーです。

ここ最近は野宿ツーリングを思い出しつつあるという事を以前の記事でお話したと思います。
ただなんとなく過去を振り返ってあんな事あったな。こんな事あったなという程度だったのですが。。。
今は無性に野宿ツーリングをしたい病にかかりつつあります。

その要因は前回お話したアニメとは別なところにあります。
それは。。。「あぁ~まぁ~ぞぉぉぉぉぉんっ!」
そうアマゾンです。
ちょっとテントを調べたり、キャンプ用具を調べたり。
それだけで、関連商品が怒涛のごとくアナウンスされてくるから始末に負えません。
不用意にポチれば更に加速するわけです。

さまざまな道具をアマゾンさんが情報提供してくれるのでキャンプ用品については自分の知らない新知識が蓄積されていきます。
又、用品だけでなくキャンプに関する世間の変化も実感しました。
なんせ超ごろーのキャンプ知識は20年以上前に止まっていますので(汗)

まずは一番びっくりしたもの。
それはアウトドア用品店の多さ!
超ごろーが野宿ツーリングしていた頃はキャンプ用品は大きなホームセンター!が定番でした。
今ほどインターネットがメジャーではない時代だったので、ただ情報として入らなかっただけかもしれませんけど(汗)
さらにテントやシュラフなどは山岳用品店などの専門店というのが一般的。
それが今や都内の一等地にアウトドア用品店が多数あります。

キャンプを趣味にしている人に話を聞いたら
「携帯使えて、水道があって、トイレは水洗(ウォシュレット付き)じゃないとキャンプには行きません」
とか言ってました。
「それ レジャー施設やん!!!」

恐るべし現代キャンプ。
もう超ごろーの知ってる
【キャンプ = ゆるサバイバル】
がいつの間にか
【キャンプ = レジャー】
へと姿を変えていたようです。

そして道具もびっくりです。
今の時代飯盒(ハンゴウ)とか使わないんですね。
メスティンという道具でご飯を炊くようです。実際に購入して使ってみましたが、なるほど確かに便利だと思いました。興味のある方は調べてみてください。

さらにびっくりなのがテントです!
超ごろーはツーリングで使うので、当然バイクなわけです。
そしてこれはもう恒例なのですがソロツーリングでは100%雨に降られます。8割方とか、9割方雨、ではありません。
100%雨です。
その上、シーズン外に行くのが好きなので時期は秋・冬です。
ほとんど山での野宿です。雪が積もっている場合もあります。
この状態でテントで寝ると雨はしのげますが、バイクはびしょ濡れなんです。
雨具を着てバイクにまたがりますが、そもそもびしょ濡れバイクのシートに座るわけですから、お尻から股間にかけてぐっしょりと濡れるという、おもらし状態です。
雨具を脱いで食べ物屋に入る時の羞恥ソロプレイはかなり上級者レベルになります(汗)
超ごろーなんぞはそれが嫌で雨具を全て脱ぎ捨てて全身びしょ濡れで漢(おとこ)を見せた時がありました。
が! 
その状態ではそもそも食べ物屋で入店拒否されます。
いい思い出です。。。。

しかし!!!!

そんなびしょ濡れバイクを回避する為に、なんと今の時代はバイクを雨から守れるテントがあるんです!
その名は
「バイクインテント」
どんなものか簡単に説明すると『バイクがインするテント』 です。
逆に言うと 『テントにインしちゃうんですバイクが!!』 です。

テントには本体(寝る場所)があり、これをインナーテントと言います。
その上にフライシートというインナーテントよりも大きい布をかぶせます。
これは本体との間に通気させる為の空間があり、雨などの侵入を防いでくれるものです。
昔からあったものですが、大きいフライシートだと本体からフライシート部分が張り出して立てられるので、張り出した部分に前室と言われる空間ができます。
バイクインテントはなんとこの前室が大きく、ここにバイクを収納できちゃいますよ! 
というものなんです。

まさか今の時代になってこんな素晴らしい羞恥プレイ防止策が出て来ようとは夢にも思いませんでした。

そしてもう一つの驚きがアルコールコンロです。
調べてみると結構前から存在していたようですが、超ごろーは知りませんでした。
燃料用アルコールを入れて火をつけるだけというシンプル構造で、コンロとしても凄く小さいので、荷物を増やせないツーリングには大変魅力です。
でもって買ってから気付くのが超ごろー。
燃料用アルコールを入れるボトルがかさばるので軽量化はプラスマイナスゼロ。

それと最近ホームセンターに行った時に見つけたナイフが素晴らしい。
超ごろーなんぞは完全野宿なので、現地で焚火をする為に薪が必要な場合がほとんどです。
大き目のナイフは鉈の代わりに使う事が多く、折れて落ちてる枝や木などを割るのに使います。そんな要件を満たす大き目のナイフなのですが、予想外の機能が付いています。
ナイフの部分がスコップの様に折れ曲がっているのです。
以下のイラストみたいな感じです。

さらにおまけでセレーション(波型のジグザグの刃で、ロープを切るのによく使う)までついているという。
何に惹かれたかというとスコップとして使える点です。
野宿キャンプをした時に穴を掘りたい場面はいくつかあります。
焚火用に穴を掘る。雉(キジ)撃ち用に穴を掘る。
などです。
もう衝動買いです。

あ「雉撃ち」については各自調べてください。登山用語です。

他にもコットとか。。。。。最近のシュラフ事情とか。。。。タープとか。。。。コンロとか。。。。
あぁぁぁ アマゾンのせいでこんなに余計な知識が増え、気付けば手元にテントやコンロが届いてるじゃないですか・・・・・
どうすればいいんですかこれ(汗)

次回:◇野宿ライダー【リハーサル編】  乞うご期待!

のんびりブロガー 超ごろー

Cho Camping Biker: Starting Up

It’s the sort of thing that seems very silly, but is actually just insincere.
The sort of story that sounds like one big delusion, but in truth is just crafted fiction.
That is just the sort of content I aim to slather your senses with.

Hey all! It’s Lazy Blogger Cho Goro here.

In one of my earlier posts, I talked how I’ve been recalling my days when I would go on motorcycle camping road trips.
Just thinking about the past, and remembering certain things I did. It wasn’t a big deal, just simply looking back…
But now I’m getting obsessed with the desire to go on a motorcycle road trip.

The cause of this obsession is different from the anime I talked about last time.
It’s… “A- ma- zo-n!”
Yup, Amazon.
I did a little search for tents, camping gear.
Just that, and now the onslaught of related items is like waves that keep coming.
And if I inadvertently actually buy something, then it just gets worse.

Amazon provides me with information about various camping gear, so my knowledge of all this new stuff just keeps building up.
And it’s not just the camping gear, but I’m really seeing the changing world of camping.
I mean, the camping knowledge of yours truly is 20 years old, so what was I expecting.

First, the thing that shocked me the most is the crazy number of outdoor recreational equipment stores!
When yours truly went motorcycle camping back in the day, you’d go to a huge home improvement store to get your camping gear! That was the norm.
This was when the internet wasn’t a thing like it is now, so maybe I just didn’t know enough.
And you’d usually buy tents and sleeping bags at mountain climbing supply stores.
But now you can find tons of outdoor equipment shops in some of the most expensive areas in the city.

I asked someone who liked to go camping a lot and they said,
“I don’t go unless there’s cell reception, they have running water, and there’s a proper toilet (with a bidet)”
That’s what they said.
“That’s a bloody hotel!!! “

Camping nowadays is crazy.
The camping yours truly knew
[camping = survival]
had suddenly changed to
[camping = recreation]
when I wasn’t looking.

And the equipment is crazy, too.
People don’t use Hango buckets anymore.
They use these things called mess tins to cook rice. I bought one and actually used it, and I see why this is way more convenient. If you’re interested, check them out.

Even more shocking are the tents!
When yours truly uses them, I’m on a road trip so I’m obviously on my motorbike.
And you will always, 100% get rained on if you’re riding solo. It’s not like 80% or 90% rain.
It’s 100% rain.
And to top it off, I like to go in the off season, so that’s the Fall or Winter.
Camping outdoors is almost always in the mountains. Sometimes, there’s even snow.
In these kinds of conditions, you can get out of the rain sleeping in your tent, but your motorbike is going to get drenched.
You get on your motorbike wearing rain gear, but because the bike itself is soaked and you sit on that wet seat, everything from your butt to your crotch gets drenched, and you feel like you’ve just wet yourself.
The lonely walk of shame you end up doing as you take off your rain gear and walk into a restaurant is pretty advanced level stuff.
Yours truly hated it so much that once I took off all my rain gear and paraded around proudly soaking wet.
But! 
Restaurants wouldn’t let you into their establishment like that.
Ah, those were the days… 

Hold it though!!!!

Now, they’ve come up with a tent that protects your motorcycle from the rain, so you don’t have to deal with soaking wet rides!
They’re called
“bike-in-tent.”
Simply put, they’re “tents into which you put your motorbike.”
Or, put it the other way around, you put your motorbike into the tent!! That’s it.

The tent has an inner tent (the sleeping area).
On top of that, you cover it with a fly tarp, which is bigger than the inner tent.
Then there is space between it and the inner tent where air flows, and prevents rain from getting in.
They’ve always had these, but the big fly tarp can be pulled out from the inner tent, so you have a space in the front.
With the bike-in-tent, this front area is big enough that you can park your motorbike right in there! And that’s basically it.

I never thought in my wildest dreams that something so awesome could be invented to prevent those super embarrassing moments.

Another astonishing thing is the alcohol burner.
When I looked into it, it seems this has been around for a while, but yours truly didn’t know about it until recently.
You just put in alcohol for fuel and turn it on, so it uses a super simple system, and the burner itself is really small, so it won’t add to your gear, which is perfect for motorcycle road trips.
So yours truly bought one, and then realized something.
You need to bring along a bottle for the alcohol fuel which takes up room, so although the burner’s light, really the weight difference ends up being zero.

And on a recent trip to a home improvement store, I found this spectacular knife.
Yours truly sleeps outside on these trips, so often I need wood and kindling for a fire.
A big knife can often be used in lieu of an ax, to cut or break off branches and trees. To do that, it’s got to be a pretty big knife, but this one had some pretty interesting features.
The blade was curved like a shovel.
I’ve drawn up a picture below.

Not only that, the blade is serrated (great for cutting rope).
I was just taken with the idea that you could use it as a shovel.
When you’re camping outdoors, there are a lot of times when you want to dig a hole.
Dig a hole for your campfire. Dig a cat hole.
Things like that.
I just bought it on impulse.

Oh, if you don’t know, look up “cat hole” on your own. It’s a camping term.

There are other things like cots… the newest sleeping bags… tarps… burners…
Arrrr Because of Amazon, I now have all this extra knowledge, and now tents and burners are arriving at my doorstep…
What am I supposed to do with all this stuff?!

Next time: Camping Biker: Rehearsal
Don’t miss it!

Lazy Blogger Cho Goro

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。