【東京ゲーム音楽ショー2020】あまたサウンドチーム「伯林青(ベレンス)」を直撃!

 

 

こんにちは!皆さんお久しぶりです。バックオフィスの沼子です。

 

 

今回はいつも賑やかなあまたサウンドチーム「伯林青(ベレンス)」の皆さんが『東京ゲーム音楽ショー2020』に出展するという事で、生まれて初めて東京ゲーム音楽ショーに潜入してきました。

伯林青の皆さん

 

12時開場という事で、間に合うように自宅を出ました。
会場の最寄り駅は京急蒲田駅。
餃子が美味しいと聞いていたのですが、仕事なので美味しい餃子とお酒はまた今度…。

 

品川駅で京急に乗り換え。
京急、怖いくらい速いですね。あっという間に会場につきました。

 

まだ開場前なので、入り口前に大勢人が並んでました。

 

会場の中はこんな感じ。
各ブース、人が並んでおり、ひしめき合ってます。

マップを手に入り口でぼんやりしていると、
「マップはどこでいただけますか?」と質問されました。
ごめんなさい、スタッフじゃないんですよ…。

質問者の男性に別れを告げ、
伯林青の皆さんを探してキョロキョロ。

 

 

 

!!!

 

 

 

見慣れた皆さんが!!!
ありました!伯林青ブース!!!

ちょうど今回の目玉でもあるアルバム 「re:quest」を購入してくださったお客様とお話ししているところでした。

このように音楽の作り手と直接話をして、握手、なんならサインもいただけるというのがこのイベントの魅力のようです。

そして伯林青の皆さんもお客様にサインを!!
伯林青スタッフ、最近では東方Projectのキャラクターたちが活躍する麻雀ゲーム『東方幻想麻雀』に楽曲提供をしていたり、数多くのゲームタイトルの音楽づくりに携わったりと実は強者ぞろいなのです。

お客様、喜んでいました(^^♪

 

私もアルバム「re:quest」を視聴させていただくことに!!

 

アップテンポでノリの良いリズム。
歌入りの曲もメロディーの感じと、声の可愛さがマッチしていてつい聞き入ってしまい一時沼子がヘッドホンを独占。(ごめんなさい)

 

 

シールや缶バッジなどのグッズもカワイイです♡

 

そうこうしているうちにどんどんお客様がいらっしゃり、伯林青の皆さん大忙し!!

 

伯林青ブース、大盛況でした!!!
邪魔にならないようにと周囲をウロウロしていましたが、またスタッフと間違えられたのでそろそろ帰宅することに…。

初東京ゲーム音楽ショーでしたが、多くの音楽がある中で「この人の曲が良い!」と熱い想いをもって、それを求めて多くのお客様がいらっしゃるという、情熱と活気あふれる素晴らしいイベントでした。

伯林青の皆さんの活躍に触れて、
日々のバックオフィス業務も頑張ろうとやる気満々に京急に飛び乗る沼子でした。

 


【余談】

帰りに横浜 赤レンガでやってた苺フェスへ。

 

いちご美味い。

次は餃子を…。

 

(沼子)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。